親族に「二世帯住宅と土地を売却して半分にして」と言われたら?

遺産相続トラブルの事例
親族に「二世帯住宅と土地を売却して半分にして」と言われたら?

二世帯住宅と土地

二世帯住宅で夫の母と一緒に暮らしている夫婦は、あることに不安を感じています。

それは、母の死後、夫の姉から「母が残した二世帯住宅と土地を売却して、半分渡してほしい」と言われること。

もし、このように言われたら、家と土地を売却した場合に姉がもらえる金額を姉に支払えば、二世帯住宅と土地を売却する必要はありません。

手元にそれ相応の現金があるとか、銀行でお金を借りられる場合は、現金を支払うことで対応できます。

現金が用意できない場合は、仕方ないので、家と土地を売却して、その売却益を半分ずつに分けるというケースもあります。